こだわりの結婚指輪考察 結婚指輪のような、生涯指にハメ続けるものにもトレンドはあるのでしょうか。シンプルな飽きの来ない結婚指輪とはどんなものでしょうか。

結婚指輪はダイヤモンドに次いでプラチナが人気という理由は?

結婚指輪の素材として、ダイヤモンドとプラチナは市場の評価が非常に高く、価値があるとされています。

その理由はどこにあるのか考えてみましょう。

■価値ある金属、市場でも安定した値で取引き。

結婚指輪でもっとも人気があるのはプラチナ素材のリングです。

ブライダルの中では代表リングと言っても良いでしょう。

なぜこのように評価されるのかというと、ポイントは2つあります。

1つは加工がしやすく市場の流通性が高いこと。

加工とは結婚指輪としての加工性だけではなく、貴金属としてリサイクルさせやすいという意味です。

そして2つめには、ダイヤモンドや金よりも市場の価格安定性が高いということです。

金の相場の変動にくらべて、プラチナの振れ幅は小さく安定したプラチナ相場が築かれています。

■結婚指輪の定番、プラチナリングとダイヤの飾り。

ブライダルジュエリーの中で絶対的な地位を誇っているのはダイヤモンドとプラチナの組み合わせです。

最近ではチタン製のリングも若い人に人気ですが、レアメタルであっても貴金属としての価値はありません。

価値はないので万一売却するときにも、プラチナのような値はつきません。

丈夫の裏返しで加工性が悪いので流通させにくい側面もあります。

■結婚指輪は人気で選ぶなと言われますが、流行としての人気とプロが介在するジュエリー市場での人気とではワケが違います。

結婚指輪は人気で選ぶべきではないと言われますが、素材としてまた定番人気のプラチナやダイヤを選ぶのであれば話は別です。

昨今、ピンクゴールドやイエローゴールド、ホワイトゴールドがトレンドになっていますが、それらの人気とはワケが違います。

注目しておきたいのはジュエリー市場、貴金属市場としての地位です。

Comments are closed.

Post Navigation